三股のごまがおいしい理由

温暖な気候で水はけの良い土壌で育つごま。三股町は「花と緑と水の町」と言われるほど、豊かな水の恩恵を受けており、年間を通じて暖かく、シラス土壌で栽培条件に非常に適しています。大自然の生態系を維持しながらおいしいごまが採れるのは、良質な水と土が生きている証拠です。
古く江戸時代には、この地からごまが関西方面へ換金作物として輸出されていました。三股町の自然が育んだ大切な贈り物を、昔も今も日本全国の人々に知ってもらいたいと願っています。
おいしいものを食べると人は笑顔になると言います。ごま本来のおいしさでみんなが笑顔になり、その笑顔を糧に三股町ではごまを作り続けていくことが大切なのです。

「ごまを作る」ということは、「ごまを知る」ということ。

PROFILE