生産者のこだわりと安心安全なごまづくり

平成20年12月、三股町で元サラリーマンたちで結成された「霧島会」が発足。三股の自然を生かした国産ごまの生産が始まりました。当初は22名の会員で、農業経験者はわずか2名でしたが、一所懸命に努力し地域のためにごまの生産に取り組んできた結果、 現在は35名まで生産農家が増え、ますます盛り上がりを見せています(生産規模は、平成21年1.3ha、平成22年2.7ha、平成23年17haと年々拡大しています)。
ごまは生産コストを低く抑えることができ、鳥獣被害も比較的少ないことが特徴です。「霧農会」は耕作放棄地を利用して、農薬・化学肥料を使用しない栽培を徹底し、間引き・植え付け・収穫作業も全て手作業で行っています。
平均年齢65歳の「若者たち」は、新たな農業の道を三股町で切り拓き、子どもたちへと引き継ごうとしています。

PROFILE